>

虫歯になりなくいが、ならない訳ではない

虫歯になりやすい方の生活習慣は

保護者(親)が虫歯に対するリスクを知らず、幼児期に子供に甘いものを与えたり、食器の分別を行わなかったり、口移しで食事を与えたりした。
両親が重度な歯周病にかかっていた。
保護者(親)が歯のケアに対する認識が低い。
食事時間が不規則で、間食が多い。
甘いものや、ガム、等々を頻繁に口にする。
飲食をダラダラと行い、口の中に食べ物、甘い飲み物(ジュース、炭酸飲料、等々)が残っている頻度が高い。
歯を磨く回数(1日、1回以下)が少ない。
歯磨きは歯ブラシだけで形ばかりでおざなり。
口の中が乾いている。(唾液が少ない。)
喫煙者。
歯医者には虫歯になった時しか行かない。
歯の詰め物や、被せ物の歯が多い。
歯の健康に対する認識が低い。

健康的な生活を送れば虫歯、恐るに足らず

虫歯になりやすい人の逆の生活を送れば、あなたも虫歯になりにくい人になれます。
まずは歯の健康に対する知識を深める事。
歯医者さんには定期的に通い、歯のメンテナンスを行い、歯に対する正しい知識を教わる事。
食事は朝・昼・夕とし規則正しい生活を送る事。
間食、甘いのもは避ける事。
どうしても食べたい場合は、食事の延長時に食べる事。
ダラダラ食べない。
食事直後に正しい歯磨きを行う事。
歯磨きは歯ブラシだけではなく、歯間ブラシ、デンタルフロス、等々でしっかり歯をケアする事。
禁煙。
幼児期の子供の歯のケアにも十分配慮する事。
子供の虫歯は保護者(親)の責任と認識する事。

今の生活からは想像できない?
ー絶望は愚者の結論ー
あなたの今の生活習慣を変えることが、あなたを虫歯のない人(健康な人)に変えてくれます。
がんばりましょう


このコラムをシェアする

≫ TOPへもどる